ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

マイナンバーで借金審査は変わる!

      2015/12/15

何かと話題のマイナンバー。結局なんなの?

配達が遅れてるだの、マイナンバー絡みの詐欺が発生してるだの、何かと話題のマイナンバー。

しかし、このマイナンバー自体が何者であるか?という事は意外にみんな知らない。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス


マイナンバーとは簡単に言えば『国民総背番号制』(厳密には別もんやけど、この呼び方がわかり易いと私は思う)

今まで名前や生年月日、住所などで管理されていた個人情報を個人固有の番号を割り振る事で管理しやすくしようってのが本質的なところだと私は理解しています。

現在のIT社会では情報は紙ベースよりもデータとして管理された方が利用しやすい。

その為には今までの文字情報での管理よりは数字で管理した方がやり易いし、各省庁を横断して情報の管理ができる。

例えば今までの4情報(名前、性別、生年月日、住所)だと名前で検索して複数ヒットした場合、さらに生年月日、住所と絞り込まなければ特定できませんが、一人一人に番号を割り振っておけば番号で検索すれば確実にその個人にあたる。

収入や納税などの記録を統合しやすくなるため、公平な税徴収に繋がるというのが当面のメリットらしい。

まぁExcelのLOOKUPを使う人ならこの便利さはわかると思います。

マイナンバーで借金はバレる?副業はバレる?

マイナンバーを語る上でよく言われるのはこういった疑問。

非常にキャッチーな話題なのでいろんな人が書いている。

なので私は詳しく書きません笑

まぁ借金や貯金がマイナンバーだけで人にバレるような事は当面は無い。

副業はもともと住民税額が変わったりするとバレるケースはあるので、マイナンバーとはあまり関係無い。

バレるときゃマイナンバーがあってもなくてもバレる。

そんなとこやと思います。

私自身はマイナンバーが導入されたからと言って便利になりこそすれ不便になったり管理社会になったりするとは思ってません。

だってもともと戸籍や住基ネット、確定申告等で管理されてるんやから。

管理する側が簡単になれば管理される側も簡単になるというもんです。

マイナンバーで与信審査に革命が起きる!

大袈裟ですけどね。

このマイナンバー、私が考えるに金融機関の与信審査に使えば非常にやり易くなる!

審査の際にマイナンバーの登録を義務付け、信用情報機関の情報にも反映すれば非常に審査がし易くなるはずです。

前記事にも関連するのですが、現在は基本4情報を始めとした各種情報を照らし合わせ、個人特定しているのですが、マイナンバーを使えば1発で確実に個人の情報を引き出せる。

そうすると「名前の読みを変えて申込」や「旧姓で申込」なんて小細工は全く無駄になります。

逆に審査を受ける方は確実に自分の情報で審査を受けれますし、JICCへの情報開示なんかもマイナンバー入力だけで簡単にできるようになるかもしれない。

まぁセキュリティの問題があるので、もう1つくらいの身分証は必要になるでしょうが。

今でも審査時に運転免許証の番号を記入させるクレジットカード会社は多いです。

おそらく、遠くない未来にこれがマイナンバーに変わると言うのが私の未来予想。

免許は持ってない人もいますが、日本に住んでる人でマイナンバーが無い人はいない(はず?)。

そこで今日の提言。

多重債務者ほどマイナンバーカードを持て!

じゃないといつか、金借りにいっても門前払い食うことになるかもしれませんからね笑

 

 - 審査について