ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

持家あるけど個人再生!行きつく先はホームレス?!

   

債務整理の中でも最難関!個人再生について調べてみた!

たびたび書いているように債務整理には大きく分けて三種類ある。

自己破産、個人再生、任意整理。

他に特定調停などあるにはあるのですが、基本的にはこの三つが一般的。

簡単言うと、自己破産は今現在持っている財産を全て精算(20万円以下の価値しかない財産を除く)する代わりに債務の免責を受ける制度。

任意整理は法的根拠によらず債務者と債権者の間で話し合い将来利息の免除や月々の返済額の見直しなどをおこない、お互いに和解し再契約をするやり方。

そして個人再生は再生計画を作成し、債権者から同意を得ることで債務を圧縮し経済的再生を図る制度。

簡単に説明してみても個人再生はよくわからない。

実際問題、私もよくわかっているとは言い難い制度です。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

個人再生の最大のメリットは自宅を手放さないで済むこと!それってホント?

個人再生は自己破産と違い債務の全額が免責されるわけではありません(債務が100万円以下の場合は全額免責)。

債務総額が500万円未満なら最低返済額は100万円、500万円以上1500万円未満で債務額の5分の1、1500万円以上3000万円未満で300万円、3000万円以上5000万円未満で債務の10分の1となります。

この金額を3年ないし5年(特例)かけて返済していく再生計画を作成し、その再生計画が認可されるて初めて手続き完了、返済開始となります。

当然再生計画を提出するに当たり安定した収入があるということが前提となるので、自己破産と違い申し立て時に収入のない人は申し立てることができません。

さらに破産と違うのは財産を処分する必要がないということと免責不許可事由がないということ。

そしてもう1つ、破産と違い一番大きなメリットとして語られるのがローン中の自宅を処分しなくてよいということです。

これは住宅ローン特則(住宅資金貸付債権に関する特則)を適用することで整理する財産から住宅ローンを除くことができるため、個人再生をしても住宅ローンは今迄通り払い続ける代わりに住み続けることができるということを指します。

自己破産の場合は一部の債務を除いて破産することは破産法により禁じられているため、ローンの残っている自宅はローンが免責される代わりに手放さないといけないのでこの点が大きな相違点として語られることが多いのです。

しかしここが曲者です。

この制度はあくまで住宅ローン特則であって無条件に住宅を手放さなくていいですよって話じゃないことです。

当然ながらローンの残っていない住宅に関してはこの特則は関係ないのです。

この点が持ち家がある人が自己破産も個人再生も選択できずに任意整理での無理な返済を選ばざるを得ない原因となります。

ほんとに破産か任意整理しか道はないのか?だいたい個人再生なら財産は処分しなくていいんじゃないの?

持ち家があるにもかかわらず多額の借金をし、返済に窮してしまった人の中にはどうしても自宅だけは手放せない人もいることでしょう。

親から譲り受けた大切な家だったり、家族がいて生活環境を変える事に問題があったり事情は様々ですが、基本、財産と負債のバランスを考えるならば『財産を処分したくなければ負債を払い続けるしかない』と『負債を払い続けることが出来なければ財産を処分するしかない』の2択になるのは当然のことです。

もちろん法においてもそうなっています。

個人再生の場合、前述の『最低返済額』はあくまで『最低』であり、持っている財産が最低返済額を上回る場合はその財産の金額まで返済すべき金額は上がることになります。

例を挙げていうと債務総額400万で個人再生したとすると最低返済額は100万円。

しかし査定金額200万の車を所有していたとすると返済額は200万円以上となり、その金額で再生計画を作成することになります。

これを『精算価値保障』といいます。

債権者保護の観点に立った考え方で債務者の持っている財産を精算した価値までの返済は保障されるのです。

企業のバランスシートがわかりやすいですが、1000万の借金があるが1000万の財産を持っている人は実質負債0というわけです。

当然、どんな制度を利用しても債務は減りません。0なんですから。

個人で言うと1000万円や2000万円の価値のある財産(家など)を持っている場合、500万円や600万円の負債では個人再生しても意味はないし、破産もする必要がありません。

破産するまでもなく財産を処分することで負債は弁済できるのですから。

それでも財産を手放せない、でも今のままじゃ払えない。そういった場合は任意整理により将来利息のカットをお願いするくらいしか手はないのです。

しかし個人再生の制度と精算価値保障という意味をよく考えるとそういった人の一部には救いが見えてくる可能性があるのです。

『持ち家の人が個人再生を申し立てても意味がない』、すべてにおいてそういえるのか?

持ち家の価値が負債の総額を超える、もしくは負債の総額に近い。こういった場合には確かにローンのない持ち家を持つ人が個人再生を申し立てる意味はありません。

精算価値保障により債務はほとんど減りませんし、まず再生計画が通らないでしょう。

しかし、これは持ち家の価値が高い場合。

『土地の安い田舎で築年数の古い狭小住宅』に住みながら多額の債務を抱え、その家を手放せない事情がある人なんかだと話は違ってきます。

たとえば

債務総額1000万円とすると個人再生した場合の最低返済額は200万円。

しかし持ち家がある。

ところが思い入れはあってももう古い住宅だったので価値を査定すると500万円にしかならなかった。

この場合、最低返済額は財産の価値まで上がって500万円。

3年返済だと月々返済は月々139,000円弱。

特例が認められて5年返済だと月々83,000円強。

再生計画が通るかどうかは別問題ですが任意整理で将来利息カット、5年返済の場合の月々167,000円弱から考えるとかなり現実味のある返済計画になります。

個人再生は任意整理と違い法的整理の一種なので集めなければいけない書類も多く、弁護士や司法書士に払う費用も大きくなるので一概にメリットがあるとは言えませんし、再生計画が通らなければ元の木阿弥になってしまうので専門家とよく相談する必要はありますが、『持ち家がある』という1点だけで選択肢から除外している人がいるならば検討してみる価値はあるんじゃないかなと思います。

法や行政は民間と違いあちらから有利なやり方を案内してはくれません。

自分でどんな方法があるのかを調べてみるのも借金地獄から抜け出す一つのポイントとなると思います。

 - 自己破産や債務整理について ,