ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

パチンコ3店方式とパチンコ業界の未来、そしてカジノ合法化

   

『パチンコ 3店方式の現在地』と言うYahooニュースが気になった!

最近、Yahooニュースのトップに個人ブログが取り上げられる事があります。

選んでいる基準は良く分かりませんが、一応『各界の専門家』らしき連中が『オーサー』と言うなんだかよくわからないご意見番のようなものに選ばれ、時々その連中のブログが紹介される仕組みのようです。

私も自身の破綻の原因になった縁から度々パチンコ・スロットについて書いてみたりしているので、パチンコ絡みの記事には興味を持ち読んでみる事もあります。

そんな中、2016年3月1日に『パチンコ 3店方式の現在地』と言う見出しの記事が目に止まり読んでみました。

パチンコ 3店方式の現在地

Yahooニュース3月1日配信

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

今なぜ『3店方式』が度々話題になるのか?それはパチンコ業界衰退の流れと無縁ではない!

この木曽崇というオッさんがどんだけ偉いのか詳しいのかは知りませんが、この記事に関して言えば正直、参考になる内容はありません。

3店方式が法解釈の範疇で合法であるのは周知の事実ですからね。

そうでなければこれだけ堂々と営業出来ませんし、合法であるからこそ回りくどい方法を取っているのですから。

問題は『現状』では無く『未来』。

『こうです』と言うより『こうあるべき』や『こうなるべき』と言う意見が無いのなら専門家の見解を聞く必要は無いでしょう。

なぜ合法で、なぜ議論が前に進まないのかを知る事にはさほど意味がないと思います。

それは専門家が専門家である為の道具にすぎない。

『実はこうなんです。知らなかったでしょう〜?』と言う為だけのものです。

前述のように合法であるからこそ存在する訳です。

そして抜け穴を見つけての合法なのですから、『どこを塞げば合法で無くなるのか?』という事は分かっているはずなのです。

専門家、研究家を名乗るのであればその部分を明確にしてもらいたいと言うのが私の記事を読んだ感想です。

ただ、釘調整の禁止や新規制、そして長らく続くパチンコ業界の右肩下がりの現状が『3店方式』と言うパンドラの箱を開けさせようとする背景にあるという事については同意です。

私も度々書いているように、このグレーな業界が決着をつけなければならない日は近づいていると思います。

法に抜け穴があるのであれば法を変えれば良い!だからこそ理知的な議論が必要!

引用の記事でも書いているように、現行の賭博罪の『一時の娯楽に供すものを賭けたにとどまる時は、その限りではない』と言う例外規定が抜け穴になっているのですが、この例外規定を排除してしまう事は影響が大きい。

景品付の社内ボーリング大会なんかもできなくなりますからね。

賭博罪自体は非常にシンプルな条文によって規定されているため、穴を塞ぐ事は他のところも塞いでしまいかねないわけです。

なので以前にも書きましたが(国内合法賭博の不都合な真実)、私の考えは穴を塞ぐのではなく穴のある壁そのものを取り払う事。

賭博罪を抜本的に改正し、賭博の合法化を行うという方法です。

20兆円の規模を誇る業界を『パチンコなんていらない!』と言う感情論だけでどうこうしようと言うのは土台無理な話です。

日本は法治国家ですから法によって方向性を決め、その結果も法に委ねるのが大事だと思います。

トンデモナイ案?じゃカジノ合法化はトンデモナイ議論なのか?

賭博の合法化と言えばとんでもない考えだと思う人が多いでしょう。

しかし、合法化する事によって的確に規制することができ、より健全・公正な業界に生まれ変わることができると考えています。

そもそも一部の賭博のみを合法化したり、抜け穴を見逃したりするから不健全化や天下りなどの癒着、既得権益が産まれるのです。

合法化し、広く参入を促す事で浄化され消費者に取ってもいい結果になるのではないか?

カジノ合法化の議論も『ノウハウのある一部企業』に認可を下ろす形で合法化する前提となっていますが、これはさらなる既得権益・癒着の土壌を作るにすぎません。

良くてくだんの『専門家』達に飯のタネを提供するくらいのもん。

現在のパチンコ大手チェーンやメーカー以外が参入できないようなハードルを設ける事無く、広く参入でき、かつ健全性が保てる条件をどうするか?を議論する事が必要なのだと思います。

そして合法化後はカジノに限らず、パチンコについても全体の払い戻し率や財務内容などを一般の客が確認できる仕組みを作り、透明性と公平性を担保する事で現在の『どこか曖昧で不透明な業界』からの脱却を図る。

それ以外にこの異常な『違法賭博天国』である日本の現状を変えることはできないんじゃないかと思います。

 

 

 - ギャンブル