ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

パチンコ店のホールコンピューター、顔認証システムのお話

   

パチンコ店のホールコンピューター(ホルコン)、顔認証システムって本当にあるの?

前の記事(衰退しゆくパチンコ業界!このまま終焉を迎えるのか?)でパチンコ関連機器大手のダイコク電機株式会社のデータを引用しました。

このダイコク電機、ズバリ、ホールコンピューターを作っている会社。

データカウンター、サンド、情報端末、景品管理、そしてホールコンピューターや顔認証システムと言った顧客管理システムとパチンコ店にまつわるあらゆる情報機器を扱う大企業です。

28年3月期売上高は450億円。

つまり、パチンコ店にはホルコンも顔認証システムも広く導入されているということです。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

パチンコ店はホールコンピューターで大当りを操作し、顔認証システムで客の勝ち負けを決めている⁈

答えは『NO』です。

一部に『ホルコンで遠隔してる!』とか『顔認証で昨日勝った客には勝たせない!』などとまことしやかに話す人もいますが、これは全くの間違いです。

遠隔操作でわざと負けさせられると思うなら行かなければ良いのですが、そういう事を言う人に限って足繁くパチンコ店に通うヘビーユーザーだったりします。

要は負けた時の腹いせにちょうど良い説なので広がったと言うわけです。

過去には実際にコンピューター制御で大当りを管理している店は結構あったようですが、現在ではそのシステムを採用するリスクや経費と効果のバランスが取れないため、ほとんどないと言われています。

その違法な遠隔操作システムもホールコンピューターと呼ばれていた為、誤解が広がった面もあるのでしょう。

どちらにしても『ホールコンピューター』と言うのはあくまで店舗運営の為の情報管理システムであり、台の挙動を操作する為のものではありません。

吸い込んだ玉数、出した玉数からスタートチャッカー入賞数、大当り回数、差玉数等々、パチンコ台に関するあらゆるデータを1台ごとに収集し、店舗全体の売上管理を行う為のデータの蓄積をするシステムです。

こう言うと流通業界に身を置く人にはピンとくると思いますが、スーパーマーケットやホームセンターのPOSシステムと同じです。

スーパーやホームセンターは数台のレジで集中管理しますが、パチンコ店はパチンコ台、スロット台一台一台が売上を作る為、より高度で細かいシステムが必要となるのです。

パチンコ店が顔認証システムで個人を把握する必要があるのか?やっぱり客ごとに勝ち負けを決めてるんじゃないか?

ホールコンピューターが小売店のPOSシステムと同じようなものだとしても、現在の小売店はレジでの売上管理を行っているだけではありません。

レジを通過した客の年齢、性別から何を買ったか、ある物を買った時に同時に買うものは何か?等々、細かく情報を収集しデータを蓄積しています。

これをMD(マーチャンダイジング)システムと言います。

このシステムを導入する事で顧客の趣味、嗜好を細かく知ることができ、入店してからの買い回りルートや、関連商品の売れ行き等細かく分析することができる為、店内のレイアウトや商品の仕掛けをより効果的に行うことができるのです。

この情報収集が出来るのは前述の様に小売店は数台のレジで売上を集中管理するからです。

また、ポイント還元などの会員カードの存在も顧客情報を細かく知る武器になります。

対してパチンコ店では会員カードはあるものの小売店のようなポイント還元等ができない為会員比率が低く、また一台一台で売り上げるので顧客情報の収集がしにくい。

そこで登場するのが顔認証システムです。

顔認証システムによって客一人一人の管理が可能になり、その人がどんな台が好きか、大当り後に即止めするタイプか否か、波の荒い台が好きなのかその逆なのか等々、ホールコンピューターで収集できるデータと個人を結びつけることができる為、その店の顧客の傾向や好みをより細かく知ることができるのです。

ホルコンと顔認証システムを組み合わせることで小売店のMDシステムに匹敵するかそれ以上の情報蓄積が出来るわけです。

これで蓄積したデータを基にして店舗全体の台構成や導入台、設定や釘調整を行う事で店舗の売上構成や利益をコントロールする。

これがホルコンと顔認証システムの正体です。

インプットに特化したシステムであり、アウトプット(意図的な大当りやハマりを作る)装置では無いのです。

だいたい、1000台クラスの大型店で客一人一人のあたりを操作して目標の利益を達成しようなんてするとコンピューターを操作するのに何十人も必要になりますからね。

パチンコ店のコンピューター室がNASAのオペレーションセンターみたいになってしまいます。

ちなみに現在の顔認証システムは防犯カメラのようなわかりやすいものではありません。

こんなのです↓

image

サンドにわからないようにカメラついてるんです。

たとえ遠隔操作されていないとしてもこんなので顔を写されて、連チャンして緩んだ顔やハマって死にそうな顔まで管理されてると思うといい気しませんけどね。

どちらにしてもパチンコ店の掌の上で弄ばれている事には違いはありませんね。

 - ギャンブル