ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

バイナリーオプションは詐欺なのか?

      2016/01/20

Dead or Alive!何かと話題のバイナリーオプション!

昨今、話題になる事の多い金融取引の一つにバイナリーオプションがあります。

大儲けする事もあるが、大損する事もあり、バイナリーでひと財産築いた!とか、逆にバイナリーで大借金を背負った!と言う話がネット上にも溢れています。

しかも『バイナリー=詐欺』というイメージも一人歩きしている感があります。

果たしてバイナリーオプションとはなんなのか?詐欺では無いのか?について書いてみます。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

バイナリーオプションとは外国為替市場を用いた金融オプション取引の一つ

バイナリーオプションとはものすごく簡単に言うと、ある一定の期間後(例えば15分後)に購入時点の為替レート(例えばドル/円)よりも上になっているか、下になっているかを予測する取引です。

20時30分に判定時間20時45分のバイナリーオプションを1ドル115円50銭で「ハイ」を買った場合、20時45分に1ドル115円50銭よりドル高なら勝ち、それより下なら負けです。

勝てば1.8倍ほどのペイアウト、負けなら0。

この場合、2倍からペイアウト率の1.8倍を引いた0.2倍分がバイナリーオプション会社のテラ銭です。

このように、バイナリーオプションだけを取り上げると完全な丁半博打。

しかし本来、オプション取引とはデリバティブ取引の一つであり、その主な目的はリスクヘッジです。

上記の場合でいうと投資者がドル円を空売りしている場合、ドルの価格が上昇すると損失が出ますが、バイナリーオプションを「ハイ」で持っていればその損失の一部はヘッジ(回避)できる。

大きな指標発表がある際など、予測のできない大きな値動きが考えられる場合に保険として購入する事でリスクヘッジとなり得る商品なのです。

しかし、非常に単純なルールで一回の取引リスクも限定的(バイナリーオプションの場合、レバレッジがかけられないので投資金額以上は失わない)なので人気の投機取引として広まったのです。

バイナリーオプション自体は詐欺では無い。むしろ投資金額以上は失わないある意味安全な取引。

ではなぜ『危険』『詐欺』と言ったイメージが広まったのか?

一つには『バイナリーオプションは金融市場が動いている間は24時間、いつでも何回でも投資できる為、負けに偏った場合損失が大きくなりやすい』という事があります。

もちろん、その逆も然りで勝ちに偏ればあっという間に大金が掴めます。

その事がさらに負けを大きくするのですが。

バイナリーオプション自体は始終賭け続けると完全に丁半博打になってしまう為、そう簡単には勝てません(方向性が読める時だけ賭けるとそんな事無いでしょうが)。

確率通り、半分勝てたとするとテラ銭分負けていく計算です。

これは「ハイロー」でも「スプレッド」でも同じです。

熱くなって繰り返し取引すると必ず負ける取引なのです。

しかし、これはバイナリーオプションが詐欺だと言うわけではなく自己責任の範疇。

仕組みを理解してれば小学生でもわかる話です。

1番の問題は別のところにあります。

詐欺だと言われる最大の理由はアフィリエイト目的の甘い勧誘と海外業者

バイナリーオプションの本来の危険性も前述の通りあるのですが、それは『危険』であって『詐欺』ではない。

繰り返しバイナリーオプションに投資し大損して『バイナリーオプションなんて詐欺だ!』と叫んでも、それは競馬で負けて『競馬なんて詐欺だ!』と叫んだりパチンコ屋で店員に『遠隔してるやろ!』と絡むのと大差ありません。

しかしバイナリーオプションの場合は明確な詐欺もある。

それは

ホームページなどで『ネットで簡単副業♪クリックだけで月収20万円!』なんていうセリフで勧誘し、口座開設のアフィリエイトに誘導する。

というケースと

高額のキャッシュバックで釣り入金させ、いざ出金の際に取引金額や取引回数で難癖をつけて出金に応じない。

というケース。

共に海外無登録業者の提供するバイナリーオプションに多い。

基本的にバイナリーオプションはそれだけを取ると完全な丁半博打であり、テラ銭もキッチリ抜いているので業者は損しない。

その為、口座さえ開かせると儲かったも同然なので口座開設が条件のアフィリエイト報酬が高額なケースが多いのです。

初回入金額の半額とかね。

なのでアフィリエイトリンクに誘導する輩はなんでもする。

ネット上に溢れる『絶対儲かる!』って類のバイナリー詐欺のほとんどはこの構図です。

そして高額のアフィリエイト報酬をつけてる海外バイナリー業者の一部には完全な詐欺会社も含まれる。

入金したが最後、勝とうが負けようが出金に応じないのです。

こうなると完全にバイナリーなんか関係なくなる。

勝っても出金できないのであれば、金払ってデモ口座で遊んでるのと同じですからね。

これらのバイナリー詐欺に引っかからない為に1番確実なのは、『国内業者とアフィリエイトリンクを経ずに取引する事』です。

どこかの誰かが業者を紹介しているホームページやブログを見ても、一旦そのページを閉じて業者名を検索し、その業者の公式ホームページから申し込むのです。

もちろん、金融庁への登録などの確認も忘れてはいけません。

そうする事でアフィリエイト目的のイカサマ師や海外詐欺業者に引っかかる危険性は減ります。

ただし、それであってもバイナリーオプションとは『長期的に見るとそれ単体では絶対に儲からない商品』だと言う事を正しく理解して取引しないと『危険』ではありますけどね。

 

 

 - お金にまつわる雑記, ギャンブル