ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

アフィリエイト副業の説明会に行ったはずなのに…

   

最近、FacebookやTwitterにはエセ成功者が溢れてる!

Facebookなどを見ていると、若いにーちゃんが偉そうに抽象的な成功論なんかをアップしてるのをたまに見かける。

インプットを増やさないと成功しない』とか『成功者に学べ』てな感じで。

そういう奴は大抵、よーわからんIT企業風の代表取締役とかって肩書きで、その実、『〇〇はどうやって成功したのか!?』とか『〇〇の脳内公開中!』みたいな愉快な催しを生業としている。

奴らの正体は一体なんなのか?

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

エセ成功者の手口を思いがけず潜入捜査してきてくれた奴がいた!

私の小学校時代からの悪友で、物凄く『金儲け』と言う言葉に弱い男がいます。

私の旧ブログにもたまに登場した彼(登場する記事はこちら→人はこうしてバイナリーオプションにハマるのか…)から今日、LINEでメッセージが届きました。

image

恐らく、Facebookでフォローしていた自称成功者のネット起業説明会にでも参加したんでしょうw

彼の引っ掛かった手口は恐らくこう。

アフィリエイトで稼がせます!→ついてはこの商材を購入して下さい→そしてその商材を使ったページでその商材を販売して下さい→売れるとアフィリエイト報酬を支払います→そして購入した客にもその商材を販売させてください→するとその客が売った商材からもキックバックが得られます。

って感じですかね。

商材自体は、恐らくしょーもないアホが偉そうに語ってたり、アホ同士で対談してるDVDと簡単なページの作り方とアフィリエイトコードのセットってなトコですかね。

もちろん19万どころか1,000円の価値もない。

実態はアフィリエイトという仕組みを使ったマルチ商法です。

いや、マルチ商法ですらない。

ネズミ講に近いと言って良いと思います。

ネズミ講とマルチ商法の違いとは?そしてなぜ『情報商材アフィリエイトマルチ』がネズミ講に近いと言えるのか?

マルチ商法は法律で認められた列記とした販売手法です。

物凄く胡散臭いイメージがありますが、そうとばかりとは言えません。

例えば、保存容器で有名なタッパーウェアの販売方法もマルチ商法に分類されます。

マルチ商法(ネットワークビジネス)とは口コミを利用した有効な販売方法なのです。

要は、拡販していく商品に十分な価値があり、正しく販売すれば胡散臭くないんです。

ただ、マルチ商法は階層が下になってくると商品の付加価値に釣り合わない高値で販売される事があり、突き詰めればこれが胡散臭さの原因となっているだけです。

例えば市場価格1,000円(原価250円)の商品をマルチ商法で拡販するとします。

メーカーから一層目の販売員に500円で100個卸された商品を、その販売員は750円で10個づつ10人の二層目の販売員に卸します。

その10人の販売員は1000円でエンドユーザー10人にそれぞれ販売します。

これを口コミや地域コミュニティ、ホームパーティなどで行う。

これがマルチ商法(ネットワークビジネス)の仕組み。

これであれば販売する商品に充分な付加価値があればリピート購入も見込めるし、誰も損しない。

しかし問題はエンドユーザーに販売される価格は付加価値に相応しい価格でないといけないという事。

これがどこまでいっても『貴方も儲かるから仕入れて』と販売していくと、下の階層になればなるほど付加価値以上の価格を払わなければならなくなり、やがては売れなくなってしまう。

となると最終的に高い価格で購入し、売れなかった人は『騙された!』と言う事になる。

どこまで行けば、どの値段で購入すればエンドユーザーであるのかという事をキッチリと決めてないといけないのです。

しかし、上記のように最終的にエンドユーザーの手に渡った時に適正価格であれば問題ない。

これに対して『ネズミ講』は仕組みはほとんどマルチ商法と同じながら商品が存在しない。

1人目が500円で100人会員を募り、その100人が500円でまた100人会員を募り、そのうち250円を上の階層に渡すって具合に金の支払いだけで階層を構成する。

すると商品が無いのでエンドユーザーが存在せず、無限に増えていく事になりやがて破綻する。

そして、これは商品が無い会員制の連鎖講だけでなく、商品があっても無価値か付加価値に対して著しく高い値段が付いている場合は同様の事が言えます。

最初の階層の時点で付加価値以上の価格を付けているため、その商品自体に価値がなく会員権と同じとなってしまうからです。

『情報商材アフィリエイトマルチ』はまさにこれ。

法で認められた『マルチ商法』ではなく、無限連鎖講に当たる『マルチまがい』です。

『マルチまがい』のエセ成功者に引っかからないためには?

本当の成功者、それも若くこれからの成功者は成功の秘訣なんて人には言いません。

ましてや説明会なんか開いて大量に人なんか集めません。

なぜならこれからもっと成功するためには競争者は少ないほうが良いし、自分の武器は大事にした方が良いんですから。

身の丈に合わない金や成功を求める事は詐欺師に財布の中身を見せる事に等しい。

そう戒めておけば、そうそうは引っかかりませんわー。

 

 - 借金・貧乏にまつわる詐欺