ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

追加融資を受けるか?新規申込をするか?それが問題だ!

   

明日会社に行く電車賃も無い!金を借りたいが追加融資が良いのか新規申込が良いのかわからない!

大手の消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどは利用枠内であれば追加融資が容易に受けられます。

ATMで画面を操作するだけですからね。

この枠内であれば何回でも、いくらでも借りる事が出来る契約方式をリボルビング方式と言います。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

しかしブラック対応の中小消費者金融の場合の契約はこのリボルビング方式の取れない個別契約であったり、貸付枠を設定した包括契約であっても追加融資には再審査が必要なところがほとんどです。

追加融資の再審査は場合によっては新規契約時の審査よりハードルが高い!

私の知っている限り、前述のリボルビング方式を採用しているブラック対応消費者金融はアローさんのみです。

しかもこのリボルビング契約は最近始めたようで、ブラックでの融資実績などの口コミはまだあまりありません。

今のところ、ブラックで属性の悪い人はリボルビング契約は難しいと考えて良いでしょう。

借りて返してを枠内であれば無審査かつ気軽に利用できるリボルビング契約を結べない限り、追加融資には再審査を受けなければなりません。

しかしこの追加融資、場合によっては新規契約よりも難しくなります。

まず、初回融資から一回も返済していなければ絶対通らない。

それどころか3回返済くらいではほとんどの中小消費者金融が追加融資は通してくれません。

まぁまれに通りますが。

私もハローハッピーさんは3回返済で追加通ったしね。

とは言うものの、だいたい3分の1から半分くらいの返済でやっと通ると言うのが実情です。

なぜ借入枠内なのに追加融資してくれないのか?

ブラック対応の中小消費者金融の場合、初回融資金額よりも多めに貸付枠を設定してあってもその枠はすぐには使わせてくれません。

私の場合で例を挙げると、アイアムさんからの初回融資時、15万の融資枠で10万円の融資を受けました。

返済回数は10回。

しかし一回返済した初回融資の翌月、もう金が足りなくなりました。

そのころは支出が収入を完全に上回っていたので、当然の帰結なんですが。

そこで、枠一杯の15万円まで追加融資を受けれないかアイアムさんに電話しました。

アイアムさんは借入件数に厳しく、『件数増えると一括返済を求めますよ』と言われていたこともあり、『件数増やされるくらいなら追加融資してくれるかもしれない』という考えもあったので相談してみたのです。

答えは

5回返済まで審査しません。枠は便宜上と思ってもらって結構です

という非情な答え。

結果、借入件数を増やす事になりました(一括返済は求められなかったけど)。

しかしこれはアイアムさんだけに限りません。

他のブラック対応消費者金融も概ね、この姿勢と同じです。

信用情報機関に載らない、実際の『信用』をその会社に対して積むまでは追加融資に応じてくれないのです。

追加融資が通らないのに新規契約は通るのか?

はい、通ります笑

追加融資の場合はすでに申し込んでくる人間は顧客であり、囲い込みは終わっていると考える事ができる。

その為、信用を積んでいない顧客に対してリスクを増大させる(融資額を追加する)のは得策じゃ無い。

なので取引履歴が浅いと追加融資はなかなか受けてくれない。

しかし新規契約の場合はまだ囲い込んでいない顧客であり、許容できるリスクの範囲内(融資できる属性)であれば取りに行きたい。

その為、同じ10万円を調達するのでも追加融資よりも新規契約の方が通りやすかったりするのです。

しかし長い目で見ると、これをやる事で信用情報は著しく悪化する。

追加融資を繰り返し、借入枠を増やしていく方が、借入件数を増やして借入枠を増やすよりも結果的には大きな融資を受ける事ができます。

借入件数、借入金額共に増えるのは信用情報的には大きなマイナスなのです。

現在の借入先から追加融資が受けられない場合、安易に新規契約先を探すのではなく追加融資が可能な条件の目安を聞き、そこまで持ちこたえれるかどうか慎重に判断する事をお勧めします。

それが結果的に信用情報の良化に繋がり、長い目で見ればブラックからの脱出につながる可能性があるからです。

 

 - 審査について