ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

自己破産をしても財産を処分されるだけ!免責許可決定を受けて初めて借金は消える!

   

破産=借金チャラではない!破産より大事な免責の話

まぁ知らない人はいないとは思いますが、自己破産と言うのはあくまで財産を処分し借金の弁済に充てる手続であって、破産自体は返済義務にはなんら影響を及ぼしません。

自己破産を経て免責許可決定を受ける事で債務の弁済を免れる事ができるのです。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

特に財産を持たない債務者とその債権者の場合、破産よりも免責の方がはるかに重要!

従って、財産を持っていない債務者の場合は処分して弁済に充てる財団(破産申立時に持っている財産)がゼロに等しい為、破産自体には大して意味はありません。

この人、破産したよ〜』と官報に載り、信用情報に一定期間載せられる事を除けば。

それよりも大事なのはその破産者の返済義務が免責されるかどうかなのです。

まぁ個人で財産もない破産の場合は同時廃止と言って破産と免責許可はセットのようになっているのですが、ここで『免責不許可事由』の問題が出てきます。

この『免責不許可事由』こそが破産申立に二の足を踏む原因となっている人が多いのです。

浪費やギャンブルで負った借金は免責されないって本当?

結論を先に言うと本当です。

免責不許可事由には財産隠しや偽証等がありますが、『浪費や賭博、その他の射幸行為による過大な借金』は免責不許可になると破産法第252条に定められています。

株式投資や先物取引、為替取引等が射幸行為に含まれるどうかは微妙ではありますが、まぁギャンブル的な取引をしない限りは破産に至らないでしょうから含まれると考えて間違いないでしょう。

しかしこの免責不許可事由、当てはまるからといって必ずしも免責不許可になるとは限りません。

むしろ免責不許可となる方が珍しいのです。

なぜ免責不許可事由にピッタリ当てはまるのに免責がおりるのか?

破産など考えもしない人や、破産に至る一歩手前で別の債務整理を行い債務を弁済している人からすると『免責不許可事由にあたるのに免責されるなんてズルい!』と感じるでしょう。

私も正直そう思います。

私自身がギャンブルによって負債を負い、それを免責された身であるにも関わらず。

しかし免責不許可事由のこの項目を厳格に適用すると払いきれない借金を抱え破産もできずに途方にくれる人が続出してしまいます。

自業自得ではあるのですが、それでは再出発を法の目的の一つとする破産法の意味がなくなる。

なのであくまで『特例』として認める形で免責許可決定がなされるのです。

さらに言うと自己破産をしたが免責不許可となった場合、債権者側としては破産して財産ゼロの人間へ取立てをかけるなど経費の無駄でしかない為、結局のところ不良債権を抱えるだけの結果となります。

債務者側も債権者側もどっちも得しないのでやむなく認められているという面もあると思います。

本当に注意しないといけない免責不許可事由は他にある!

このように浪費やギャンブルの借金も免責されるケースが多いのですが、他の免責不許可事由については注意が必要です。

特に、『このままでは破産に至るのを知りながら借金をする』ことや『一部債権者(友達など)にだけ破産前に金を返してしまう、もしくは破産・免責後も金を返す約束をする』事などは当てはまるケースも多い為、注意が必要です。

条文ではもっとややこしい書き方で書いてありますが、だいたいこんな感じです。

これらのケースは下手をすると詐欺罪や詐欺破産罪に当たる可能性もある行為の為、免責不許可となるばかりか債権者から訴えられる可能性も否定できません。

よく『このまま行けば破産しか道がないから、金を借りて一か八かの勝負に出よう!』という人がいますが、それはかなりヤバイんです。

証明するのは難しいとは言え、このデジタル社会。

自分がどこかにそのような趣旨の事を書いてしまっていて、それがばれた場合は申し開きのしようがありません。

例えばブログやツイッター、Facebook等。

これらのネットメディアは記述を消したとしてもどこかにその記述が残ってしまうケースが多いですからね。

まぁ無謀な勝負に出て勝つ確率は限りなくゼロに等しい。

バカな事は考えないに限りますわ。

 

 - 自己破産や債務整理について