ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

『債権回収会社』という言葉の響きにビビってはいけない!

   

債権回収会社だろうが消費者金融だろうが銀行だろうが正規業者である限り法に則った同じ債権者!

債権回収会社

延滞や債務不履行に縁のない普通の人にとって関わることのほとんどない会社。

そしてなんとなく『怖い』イメージのある業種であると思います。

それは実際に債権回収会社と関わる事になってしまった多重債務者や延滞を抱える人にとっても同じでしょう。

しかし債権回収会社はイメージ程怖くはありません。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

必要以上にデフォルメされた漫画やドラマ、そして債権回収会社を騙る詐欺師によってイメージが形成されている!

もともと債権回収会社とは銀行の不良債権が問題となった時期に成果に対して経費のかかりすぎる不良債権や未回収債権の回収を銀行や金融機関から分離独立させようという目的で作られた『債権回収業に関する特別措置法』、いわゆる『サービサー法』を基に作られた法務省管轄の認可法人です。

この法によって金融機関の不良債権処理を促進し、不良債権によって金融機関が足を引っ張られ経営が悪化するのを防ぎ、ひいては不良債権を抱えた金融機関の経営悪化によって日本経済が足を引っ張られないようにする事が目的です。

語弊があるとは思いますが、ある意味『債権回収会社』とはゴミ箱。

それもいろんな形や重さのゴミを無造作に放り込む為、非常に頑丈に作られたゴミ箱です。

なのでそのゴミ箱が簡単に壊れたり、ゴミを撒き散らしたりしない様に法で細かに決められています。

この記事で触れた『ハローシステム債権回収』のように譲渡の連絡もない債権を取立てに来る、ネットで検索しても会社概要さえわからんような中途半端な会社はありえません。

またサービサーを扱った『ナニワ金融道』の帝国金融をイメージする人も多いかと思いますが、作中でも触れられてる通り帝国金融はサービサーではありません。

あくまでサービサー法の枠外で活動し合法と非合法スレスレのところで回収するから漫画になるのです。

普通のサービサー業務にそんなにドラマがあってはいかんのです。

設立の経緯からもわかるようにサービサーは債権を安く譲渡されている!

債権回収会社(サービサー)は前述の通りもともと不良債権処理の為に設立されました。

言い換えれば金融機関が不良債権をスムーズに損金処理する為に設立されたのです。

自社の債権であれば簡単には損金処理できない。

社内的にも大変でしょうし、そんなに簡単に損金で落とすとなると税務署も黙ってない。

取れたかもしれない債権と絶対に取れない債権の仕分けも大変ですし、それを許してしまうと銀行からはずっと税金取れないし。

なので債権回収会社に債権を譲渡し、債権回収会社は回収の難しい債権のうち、何割かを回収すれば利益が上がる仕組みにしないといけない。

その為、元債権会社は債権回収会社に100%の価値で債権譲渡していません。

例えば法定金利内の年利18%で貸し出していても、5年間一銭も回収できなければ倍以上になる。

10万が22万以上になります。

しかしこの債権を債権回収会社に22万で売ってしまうと自己破産などで貸し倒れた場合、丸損です。

これを2万円で売れば債権回収会社としては10件のうち1件取り立てる事ができれば元取れますし、2件取れれば利益が出る。

元債権会社は20万損した事になりますが、元金は10万ですし、20万は損金処理する事になるので、その分の法人税4万7千円を免れる事ができる。

もともと回収を諦めていた債権が債権譲渡の金額2万円と節税分4万7千円、合わせて6万7千円に化けたと考える事ができる。

これが金融機関と債権回収会社の関係です。

サービサーが『50万払え!』と取り立ててきても、実際の債権の価値は50万もない事がほとんどなのです。

必要以上に債権回収会社を恐れてはいけない!ある意味、元債権を持っていた会社より執着はないはず!

債権回収会社は文字通り債権回収が仕事ですので、経費も手間も使い、あらゆる手段で取立てます。

しかしだからと言って恐れたり、他の債権より先に払ったりしてはいけない。

あくまで他の債権者と同じです。

他に払えなければサービサーにも払えない。

その姿勢を徹底しましょう。

どうしても払えなければ、他の債権者と同じく弁護士に相談し、場合によっては法的に踏み倒しましょう。

イメージだけで恐れ、他の債権より先に払う行為はサービサーにボロ儲けさせるだけです。

金借りて返してないのはこっちなので開き直れとは言いませんが恐れる必要はないという事だけ踏まえて対応してください。

 

 - お金にまつわる雑記