ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

クレジットカードと中小金融業者の審査の違い

   

クレジットカード会社はCICを、サラ金はJICCを主に参照する。

いきなり『JICC』だとか『CIC』だとか言われてもわけわからない人もいるかもしれません。

この『JICC』や『CIC』と言うのは『指定信用情報機関』の名称です。

貸金業や割賦販売を行うものはこれら指定信用情報機関に加盟していなければなりません。

一般的にはこれに『全国銀行個人信用情報センター』を加えた3社いずれか1社ないし2社(場合によっては3社全て)に加盟しています。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

クレジットカードと中小金融業者の審査の違い、それはすなわち信用情報機関の持つ情報の違い。

CICはCredit Information Centerの略で、文字通りクレジットカード会社が主に使用する情報機関です。

対してJICCは日本信用情報機構(Japan credit Information Reference Center Corp.)の略称で、消費者金融が主に使用する情報機関です。

大手の貸金業者の場合、CICとJICCの2社に加盟しているケースが多いですが、中小金融業者の場合はJICCのみの加入というところも少なくありません。

CICはクレジットカード会社が求める情報に特化し、JICCは消費者金融が求める情報に特化しています。

大きな違いは情報の記載の仕方。重視する点が業態により違うのです。

クレジットカード審査の場合、割賦販売には総量規制は関係ないので借入総額や借入件数よりも『月々キチッと支払いがされているか?』が重要になってきます。

その為、月々の支払い状況が各社ごとに過去2年にわたって一目で見れる資料となっています。

これを見て申込者が月々キチッと払う人なのか?という点を判断するわけです。

この場合、少額の割賦契約(クレジットのショッピング)しか使っていなくても毎月遅れて支払っていると審査に不利になります。

対して消費者金融の審査はまず、『総量規制に引っかからないか?借入総額や借入件数からみて債務過多じゃないか?』と言うのが大事になります。

なのでメインの資料は現在の借入各社と借入総額が縦軸で一目で見れる資料となっています。

そういった資料形態なので、例えばどこかの会社に2ヶ月前、1ヶ月遅れて支払っていたとしても資料参照時点の前月に期日どおりに払っていれば資料からはわかりません(ちゃんと計算すればわかるけど、なかなかそこまで面倒なことはしない)。

乱暴な言い方をするならば、借入総額が多くても毎月ちゃんと払っていれば通りやすいのがクレジットカード。

過去に3ヶ月未満の延滞があっても借入総額や借入件数が少なく、前月さえキチンと払ってれば通りやすいのは消費者金融。

そんな感じになります。

注意点は『移動情報』に載る延滞の基準は同じだという事。

JICCの情報は支払い毎に更新される為、過去に延滞があってもわかりにくい資料と言えます。

しかし移動情報という欄があり、ある条件以上の延滞となるとここに記載されます。

ある条件とは

3ヶ月(90日)以上の延滞

これが記載されるとJICCでは延滞の解消日から1年間は移動情報に記載される為、新たな審査においては非常に不利となります。

しかしもっと怖いのはCIC。

月々の支払いを重視するだけあって、延滞の移動情報は解消日から5年記載されます。

そして通常の延滞から移動情報に載る延滞となる条件はJICCと同じ。

3ヶ月以上の延滞はクレカの審査、サラ金の審査共に致命的になるのです。

自転車を漕いででも3ヶ月の延滞は避けるべきと言えるでしょう。

逆に言えば3ヶ月延滞に陥る時点で詰みに一気に近づきます。

その時は債務整理を考えるべき時だとも言えます。

JICC、CICに記載される情報の性格を良く知り、不利な情報にならないよう返済する。

それが審査に通る1番の近道と言えると思います。

 

 

 - 審査について