ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

AZ(私に貸してくれた業者さん紹介)

   

京都のブラック対応業者といえば四条大宮のこの2社!

京都でブラック対応、柔軟融資と聞いて名前があがるのは、主にAZ、ケンファイナンス、京都キャネットの3社。

京都キャネットについては私は借りた事無いので(申し込んだ事はある。否決でした。)書けません。

残りの2社の内の1社、AZ株式会社について今回ご紹介します。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

同じビルの2階と4階に居を構えるケンファイナンスとAZ。果たして関係はあるのか?

まずAZさんを語る上で外せないのが、同じビルの2階に入っている(AZは4階)ケンファイナンスとの関係性。

もともとAZの前身はバルファイナンスという会社でした。

ここももちろんブラック対応、柔軟融資を売りにした中小業社。

しかし資金繰りが悪化し会社をたたむ事に。

そこでAZ株式会社がバルファイナンスの債権を買い取る形で新規業社としてスタートしたのです。

そしてそのバルファイナンスの経営者はケンファイナンスの経営者と兄弟(確認はできていないのであくまで噂ですがほぼ間違いない)。

まぁ一族企業ですね。

その債権を買い取ったAZももちろんそう。

おそらく経営者は変わっている形をとってますが、実質は変わってないんだと思います。

貸金業を営む上での資本の出処(いわゆる金主)が同じなのでしょう。

しかし会社としては資本関係など無いようなのでグループ会社ではありません。

当然、お互いの顧客情報などの情報交換は行っているでしょうが、審査はあくまでもそれぞれの会社独自で行ってます。

なのでネット上などで『AZで借りているとケンファイナンスでは借りれない(逆もしかり)』等の情報がありますが、一概にそうとは言えません。

実際、私は2社から借り入れました。

私が判断基準にしている4条件と照らし合わせてどうか?

4条件とは私が融資を受ける会社を探す際に基準にしている4条件(ブラック融資の口コミ実績がある、スピード融資、家から遠くもなく近くもない距離、老舗)。

1社目、2社目なら条件通りのところが見つかりますが、私がAZさんに申し込んだ当時は4社目の借り入れでしたので、若干譲るのは仕方ないところです。

AZさんについてはブラック融資の口コミ、家からの距離は条件通り。

融資までの手順は

融資申込→申し込み内容確認→審査結果連絡→書類送付(免許証、収入証明として給与明細2ヶ月分、保険証をFAX)→契約書送付→融資

の流れとなる為、即日融資などは難しい。

ただし来店して契約書を書けばその場で受け取れます。

という事で融資スピードはやや遅め。

最速3日ってとこですね。

また『老舗』という点についても貸金業の更新回数が2015年12月現在(3)なので比較的新しい。

しかしこれについては前述の通りバルファイナンスからの引き継ぎと考えればそれほど気になるレベルじゃないですね。

AZの特徴は追加融資の申し込みの容易さ!しかし申し込みが簡単だからといって審査が甘いわけじゃない!

AZさんは一度契約を結ぶと顧客番号が割り振られます。

追加融資の申し込みは、給与明細2ヶ月分のコピーにその顧客番号と希望金額を書いてFAXするだけという簡単さ。

例えば12345 3万円って具合に。

そのFAXを送ればしばらくして審査結果の連絡が来ます。

しかし申し込みが簡単だからといって追加融資のハードルが低いという事は無いようです。

『返済3回で追加融資を受けた!』などの口コミもありますが、私は追加融資通った事無いですね。

5回くらいは送りましたがw

だいたい返済5回、属性悪化なしってあたりが基準じゃ無いでしょうか?

融資についても、他社4社程度で借入額が総量規制の3分の2程度が分かれ目かなってところです。

マイナス点は督促に際して、本人に連絡がつかなければ割と早い段階で実家等、別の連絡先に電話されます。

まぁ延滞しない、延滞しても無視しないとしていればいいだけの話ですけど。

多少の難点はありますが、ブラック対応・柔軟審査である事には変わりありません。

条件が合いそうでしたら是非ご検討下さい。

AZさんはこちらより↓

image

 

 

 - AZ