ブラック、自己破産からのキャッシング WP

自己破産、離婚を経てなお多重債務に陥った低所得サラリーマンの借り入れと返済の記録です。旧サイト ”ブラック、自己破産からのキャッシング”のワードプレスバージョンです。旧サイトはこちらから→http://jikohasann722.blog.co.jp

中小消費者金融の督促・取立て

   

いわゆる街金(中小消費者金融)は怖いイメージがあって利用し辛い!

そういう人、多いと思います。

それがサラ金地獄にハマるストッパーになっているならその誤解を抱いたままの方が幸せです。

借りる必要の無い金は借りないに限る。

でもその事で何か大事なものを諦めようとしているなら、ぜひ考えを変えて欲しい。

家族だったり、子供の進学だったり、最悪の場合自分の命だったりを金が無い、金が借りれないってだけで諦めてしまうのはあまりに切ない。

スポンサーリンク

スマホ用アドセンス

中小消費者金融の情報は大手に比べて少ない。督促・取立てに関する情報はもっと少ない。だからこそイメージが独り歩きをしてる!

大手の業者さん(アコムやプロミスなど)であればネット上に情報も溢れていますし、何より大企業ゆえに遵法意識が高く無茶な取立てなんてしないというイメージが一般的にあるでしょう。

またここにたどり着いたような人は実際に督促・取立てを経験しているという事もあるでしょう。

確かに貸金業法では督促や取立てに関するルールが細かく決められており、それに加えて貸金業協会がさらに厳しく自主規制を定めているので、一般的に言う『怖い取立て』といった事は行われない。

しつこい電話や職場への嫌がらせ電話、自宅への大声での督促なんて事は大手はやらない、そう信じてるのでは無いでしょうか?

もちろんそれは間違いじゃありません。

ただ1つ、間違えているのは『大手は』という一言はいらないという事です。

正規業者であれば街金とて大手と同じルールで督促・取立てが規制されるのです。

『金返せ!コラ!』と叫んでドアを叩く街金はいない。それは街金と闇金を混同しています。

貸金業登録を行っている正規の合法業者であれば取立ての手法には厳密なルールがあります。

  • 正当な理由が無く午後9時〜午前8時の間に電話、FAX、自宅訪問などをしてはいけない。
  • 正当な理由なく自宅以外へ電話、FAX、訪問をしてはいけない(もちろん職場も実家もダメ)
  • 訪問取立てに対して債務者が退去を要求しているのに居座ってはいけない。
  • まわりに借金があるのがわかるような貼り紙や大声での取立てなどをしてはいけない。
  • 『他から借りて返せ!』など借金による借金返済を要求してはいけない。
  • 債務者以外のものに債務を弁済するように要求してはいけない(親に『子の借金は親の借金じゃ!ボケ!』なんてのはアウト〜!)
  • 弁護士が代理人に立っている旨を通告されたのに債務者に取立てを行ってはいけない。

だいたいこんなとこです。

どうでしょう?

これを見ればいわゆる『怖い取立て』で想像されるほとんどの行為は禁止されている事がわかると思います。

大手業者と同じく、中小消費者金融、いわゆる『街金』もこれらの取立ては出来ないのです。

もしこれらの行為が行われるようなら警察に通報しましょう。

『怖い取立て』が無いからといって不誠実になってはいけない。

注意して欲しいのはこれらの行為が許されないのは『正当な理由がない場合』です。

電話にも出ない、自宅訪問しても居留守を使う、最悪は連絡なしに住所も電話番号も変えてしまい一切連絡がつかない。

このような場合は『正当な理由』にあたり職場や実家に電話をしたり訪問したりする事ができます。

その場合でも『代わりに払え!』どころか借金がある事実もできる限り秘さないとダメですが、これでバラすなという方が酷です。

何よりまわりに迷惑がかかります。

延滞した場合は逃げ回るのではなく、誠実に対応する事。

そうすれば相手も法を犯す事はやってこれませんので、逃げ回るよりは安らかな時間が訪れますw

まぁ何より大事なのは督促されるような状態にならない事が1番ですけどね。

 - お金にまつわる雑記